記事一覧

オーディブルでオフラインする方法まとめ

オーディブルのオフライン再生とは オーディブルはオフラインで再生することができます。 オフライン再生とはスマホなどの端末にファイルをダウンロードしておいて、ネット接続していない状況でも再生する方法です。 電波が入りにくい場所や、例えばネットが繋がらない地下鉄や、飛行機の中、山などでも再生が可能です。 オーディブル オフラインの事前準備 作品詳細からライブラリーに追加を押せばダウンロードが開始されます。以下にキャプチャを掲載します。 キャプチャの掲載 ①ライブラリーに追加をクリック ②ライブラリーに追加完了の表示がでる。 ③ライブラリーを確認するとダウンロード中。ダウンロード途中でも再生できます。 ④ダウンロード完了 オーディブル オフラインでの再生方法 前の項目でダウンロードしたものをオフライン再生一覧からダウンロードボタンを押せばOKです。 一覧から商品画像を押せば、再生が開始されます。 オーディブル オフライン再生できない場合 ダウンロードしたはずのファイルがオフラインで再生できないときは以下のことが考えられます。 ①コンテンツがダウンロードされていない ②ライセンスの制限 ③アプリやデバイスの問題 ①コンテンツがダウンロードされていない:オフライン再生を行うには、事前にコンテンツをデバイスにダウンロードする必要があります。 ダウンロード途中でWiFiやモバイル通信が切れてしまうとダウンロードが完了できません。 ②ライセンス数の制限:Audibleコンテンツが再生出来る端末数には制限があります。 2023年4月時点では端末の上限が〜件となっています。何件となっています。 ③アプリやデバイスの問題:オーディブルの不具合やデバイスの問題によって、オフライン再生ができないことがあります。 この場合、オーディブルのアプリを一旦停止して再度立ち上げましょう。 それでも治らない場合はオーディブルアプリを1回削除し、再度インストールし直すことで解決するでしょう ダウンロード期限の有効切れ:ダウンロードしたコンテンツに有効期限がある場合は、有効期限が切れた後は再生できない可能性があります。 オーディブル聴き放題で視聴可能な有効期限があります。有効期限が切れた後は定額での視聴が出来なくなりますので、ご注意してください。 これらの原因を確認し、適切な対処を行うことで、オフライン再生ができるようになることがあります。 オーディブル オフラインのメリット オーディブルのオフライン再生のメリットは以下の点が挙げられます。 ①インターネット不要で再生できる ②WIFIでダウンロードしておけば、モバイル通信量を圧迫しない ③タイムラグ無しですぐに再生できる ①インターネット不要で再生できる。 事前にダウンロードしておけば、電波が入りにくい場所や、例えばネットが繋がらない地下鉄や、飛行機の中、山などでも再生が可能です。もちろんトンネルの中などでも再生が可能です。 ②WIFIでダウンロードしておけば、モバイル通信量を圧迫しない WiFiが繋がってる環境でダウンロードしておけば、スマホの通信量を使うことなくデバイスに保存できます。契約しているモバイルの通信制限が Audibleは1ファイルあたり500MB程度ある大容量のファイルのため、モバイル環境での通信量が気になる人には非常に便利な機能です。 ③タイムラグ無しですぐに再生できる 僕が便利だと感じているのがタイムラグ無しで再生できる点です。 オフラインでダウンロードをしておけば、すぐに再生できます。通常の再生方法に比べ通信のやり取りがないためタイムラグ無しでの再生が可能です。 オーディブル オフラインのデメリット デメリットは少ないですがあえて上げるなら、以下の点ではないでしょうか ①ストレージ容量の圧迫 ②ダウンロードに時間がかかる ③最新版の内容が反映されない ①ストレージ容量の圧迫 以下の写真は僕のAudibleの使用量なのですが、37GBもの容量を使っています。 めちゃくちゃヘビーに利用させてもらっていますね。 オーディブルは1作品あたりの容量が大きく大体500MB程度のあります。Audibleでは5時間以上のものが一般的なので、これだけの容量になってしまうのですね。 1作品500MBと考えると37GBあるということは74作品程度ダウンロードしているということなのですね。 聴き放題様様ですね。 ダウンロード済みを見たところ87作品ありました。 これだけの容量を使うとデバイスの空き容量がなくなり、他のアプリなどを削除しなければいけなくなります。そのため定期的に見直して聞き終わった作品は削除するようにしたほうが良いでしょう。今後、僕もそうするようにします(笑) ②ダウンロードに時間がかかる wi-fi 環境に依存するのですが、ネットワーク速度が遅い環境ですとダウンロードが完了するのに時間がかかることがあります。 Audible は再生時間が4時間 5時間などざらにあり、500MB 程度のファイルもよくありますので、通信速度が遅い 環境ですと ダウンロードするまでに時間かかったりします。 そのため家に家を出る直前などにダウンロードするのではなく、事前にダウンロードしておいた方が良いです。 僕も出掛けに急いでダウンロードを開始して、ダウンロード完了までなかなか家を出れないということがあります ③最新版の内容が反映されない オーディブルではほとんどないと思いますが、ファイルの中身が修正される場合があります。 その場合、過去にダウンロードしたものが再生されるので、最新版のファイルが再生されません。データの修正というのはオーディブルではほとんど発生していないように思います。 オーディブル オフラインまとめ 僕はほぼオフラインで、オーディブルを利用しています。 WiFi環境で作品をダウンロードしておけば、いつでも通信量がかからず再生することができます。 また、現在は2023年4月はオーディブル聞き放題で約12万作品が聴き放題となっているので、気になった作品があったらとりあえず、ダウンロードしておくと良いと思います。 とりあえず気になったファイルをダウンロードすると、ファイル容量が何十ギガにもなるので、定期的に削除することを忘れないようにしましょう。 Copyright © 2024 User's blog All Rights Reserved.

オーディブル オフライン再生について

オーディブルのオフライン再生とは オーディブルはオフラインで再生することができます。 オフライン再生とはスマホなどの端末にファイルをダウンロードしておいて、ネット接続していない状況でも再生する方法です。 電波が入りにくい場所や、例えばネットが繋がらない地下鉄や、飛行機の中、山などでも再生が可能なため、使い勝手が更に良くなります。 オーディブルをオフラインで聞くための準備 作品詳細からライブラリーに追加を押せばダウンロードが開始されます。以下にキャプチャを掲載します。 ①ライブラリーに追加をクリック ②ライブラリーに追加完了の表示がでる。 ③ライブラリーを確認するとダウンロード中。ダウンロード途中でも再生できます。 ④ダウンロード完了 オーディブル オフラインでの再生方法 ダウンロードした作品をオフライン再生一覧からダウンロードボタンを押せばOKです。(赤いカッコをクリックすればOKです。) 一覧から商品画像を押せば、再生が開始されます。 オーディブル オフライン再生できない場合 ダウンロードしたはずのファイルがオフラインで再生できないときは以下のことが考えられます。 ①コンテンツがダウンロードされていない ②ライセンスの制限 ③アプリやデバイスの問題 ①コンテンツがダウンロードされていない:オフライン再生を行うには、事前にコンテンツをデバイスにダウンロードする必要があります。 多いのがダウンロード途中でWiFiやモバイル通信が切れてしまうという状態です。フリーwifiなどでよく発生する現象ですので、ダウンロードが完了したことを最後まで確認しましょう。 ②ライセンス数の制限:Audibleコンテンツが再生出来る端末数には制限があります。 2023年12月時点では端末の上限の記載はAmazonサイトに有りません。Amazon musicなどは10台までと記述がありますが、現状Audibleでは特に制限はないのかもしれません。少なくとも僕の環境では2台まで再生が可能です。Amazon Music認証端末の制限③アプリやデバイスの問題:オーディブルの不具合やデバイスの問題によって、オフライン再生ができないことがあります。 この場合、オーディブルのアプリを一旦停止して再度立ち上げましょう。それでも治らない場合はオーディブルアプリを1回削除し、再度インストールし直すことで解決します。 ダウンロード期限の有効切れ:ダウンロードしたコンテンツに有効期限がある場合は、有効期限が切れた後は再生できない可能性があります。 オーディブル聴き放題では視聴可能な有効期限があります。有効期限が切れた後は定額での視聴が出来なくなりますので、ご注意してください。これらの原因を確認し、適切な対処を行うことで、オフライン再生ができるようになるでしょう。 オーディブル オフラインのメリット オーディブルのオフライン再生のメリットは以下の点が挙げられます。 ①インターネット不要で再生できる ②WIFIでダウンロードしておけば、モバイル通信量を圧迫しない ③タイムラグ無しですぐに再生できる ①インターネット不要で再生できる。 事前にダウンロードしておけば、電波が入りにくい場所や、例えばネットが繋がらない地下鉄や、飛行機の中、山などでも再生が可能です。もちろんトンネルの中などでも再生が可能です。 ②WIFIでダウンロードしておけば、モバイル通信量を圧迫しない WiFiが繋がってる環境でダウンロードしておけば、スマホの通信量を使うことなくデバイスに保存できます。契約しているモバイルの通信制限が Audibleは1ファイルあたり500MB程度ある大容量のファイルのため、モバイル環境での通信量が気になる人には非常に便利な機能です。 ③タイムラグ無しですぐに再生できる 僕が便利だと感じているのがタイムラグ無しで再生できる点です。 オフラインでダウンロードをしておけば、すぐに再生できます。通常の再生方法に比べ通信のやり取りがないためタイムラグ無しでの再生が可能です。 オーディブル オフラインのデメリット あまりにメリットが多く、デメリットは少ないですが、、、あえて上げるなら、以下の3点ではないでしょうか? ①ストレージ容量の圧迫 ②ダウンロードに時間がかかる ③最新版の内容が反映されない オーディブル オフラインのデメリット ①ストレージ容量の圧迫 以下の写真は僕のAudibleの使用量なのですが、37GBもの容量を使っています。 めちゃくちゃヘビーに利用させてもらっています。 オーディブルは1作品あたりの容量が大きく大体500MB程度のあります。Audibleでは5時間以上のものが一般的なので、これだけの容量になってしまうのですね。 1作品500MBと考えると37GBあるということは74作品程度ダウンロードしているということなのですね。 聴き放題様様ですね。ダウンロード済みを見たところ87作品ありました。 これだけの容量を使うとデバイスの空き容量がなくなり、他のアプリなどを削除しなければいけなくなります。そのため定期的に見直して聞き終わった作品は削除するようにしたほうが良いでしょう。今後、僕もそうするようにします(笑) オーディブル オフラインのデメリット ②ダウンロードに時間がかかる wi-fi 環境に依存するのですが、ネットワーク速度が遅い環境ですとダウンロードが完了するのに時間がかかることがあります。Audible は再生時間が4時間 5時間などざらにあり、500MB 程度のファイルもよくありますので、通信速度が遅い環境ですと ダウンロードするまでに時間がかかってしまいます。そのため家に家を出る直前などにダウンロードするのではなく、事前にダウンロードしておいた方が良いです。僕も出掛けに急いでダウンロードを開始して、ダウンロード完了までなかなか家を出れないということがあります(笑) オーディブル オフラインのデメリット ③最新版の内容が反映されない オーディブルではほとんどないと思いますが、ファイルの中身が修正される場合があります。その場合、過去にダウンロードしたものが再生されるので、最新版のファイルが再生されません。しかし、データの修正というのは2年以上使用している僕もオーディブルで体験したことは有りません。現状では、この修正という作業もほとんど発生していないように思います。 オーディブル オフラインまとめ 僕はほぼオフラインで、オーディブルを利用しています。WiFi環境で作品をダウンロードしておけば、いつでも通信量がかからず再生することができます。 また、現在は2023年4月はオーディブル聞き放題で約12万作品が聴き放題となっているので、気になった作品があったらとりあえず、ダウンロードしておくと良いと思います。 とりあえず気になったファイルをダウンロードすると、ファイル容量が何十ギガにもなるので、定期的に削除することを忘れないようにしましょう。 Copyright © 2024 User's blog All Rights Reserved.